忍者ブログ
江戸前の粋な小唄の歌詞をお楽しみください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 本調子

水の出花と二人が仲は
せかれ会われぬ身の因果
たとえどなたの意見でも
思い切る気は さらにない
PR
 本調子

ぬれてしっぽり 打解け顔に
更けた世界をしみじみと
ええ にくらしい
仇事な夢に結びし 番の蝶々
末のすえまで二人連れじゃわいな
そしらば そしれ どうなと勝手に
こっちはなんでもかんでも
なんでも かまやせぬ
 本調子

夫婦雁 一羽離れて 身は墨染めの
悟り顔なる 菊の露
浮世はなれて 奥山住まい
恋も悋気も 忘れていたが
鹿の鳴く声 聞けば昔が恋しうてならぬ
ええ 神も仏も もう知らぬ
いっそ地獄へ 逆落とし
ご案内
芝鳳小唄教室の歌詞集BLOGへようこそ!
小唄教室のHPはこちらへ。

「小唄のいろは」、「お三味線のひふみ」と題してちょっと楽しい小唄のうんちくやエピソード、賑やかなお稽古風景などもご紹介しています。
アクセス解析
歌詞検索
歌詞やタイトルの言葉を入れて、曲を探してみましょう!
プロフィール
HN:
芝鳳
HP:
性別:
女性
自己紹介:
お江戸東京は麻布飯倉と日本橋で小唄のお稽古をしています。
ご興味のあるかたは是非ホームページをご覧ください。
最新記事
(01/08)
(01/07)
(04/12)
(04/12)
(04/12)
最新トラックバック
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
忍者ブログ [PR]